keisukeoosato.net

2019.1.5 日常日記

無欲化

あけましておめでとうございます。
(この記事を書いたのは2018年の春くらいだったのですが、公開するのをすっかり忘れていました。)

最近よく言われるのが「大里さんは『無欲』ですよね」ということです。これが一人に言われたのなら、まぁその方はそういう意見なんだなということで終わるのですが、3人以上に言われると、本当にそうなのかもしれないなぁ、というふうに考え始めます。でも実はこれは、ある時期から、その当時の言葉は「無欲」というものではなかったけれど、意図して「無欲」的であろうとした自分があったので、なんか言われていることは分かるわけです。というか、「無欲」的にしてから暮らしや生き方が楽になったし、なぜか売上も少し上がっているかな、という具合です。いろいろ、良くなりました。

それまでの僕はつねに「何者かになる必要があるのでは」というある種の思い込みがあり、おそらくそれは強迫観念に近い考え方だったような気がします。「あなたの夢はなんですか?」「本当の個性を見つけよう」「30代までにモノにならなかった人はダメ」みたいな話を人生の諸先輩方に言われると、そうなのかなぁ、どうにかしないとなぁ、自分は一人で活動しているし、そのためにはもっと自分をアピールして自分のすごいところを主張して、それで当てないとダメだな、とか思っていました。

そのためにいろいろやっていたのですが、実際のところはそういう特殊な素質はなかったし、そもそもモチベーションが自分から湧き上がってきたものではなくてどちらかというと誰かから評価されるために頑張る、という感じでしたので、まぁあんま続かないし、そのクオリティも微妙なわけです。

仕事的にも、ふつうに依頼があるのに「自分がやった痕跡を残したい」という自己満足の気持ちから変な提案をしたり、納品物にそういう要素をぶっ込んだりしていると、まぁたいていボツになるか、ならなくてもすごく揉めたり修正が無駄に多くなったりします。「自分が何者かになりたい」ということも、無駄に重い荷物を背負っているようで苦しかったし、その結果仕事がこじれていくのも大変でした(自分のせいなのですが)。

そこで、いろいろ考えた結果、「相手のために、頼まれたことをやる」という、言葉にするとすごく当たり前なのですが、それを意識することにしました。自分のことはできるだけ考えず、ただ持っているスキルで、タスクをこなしていく。よくよく考えてみると、クライアントに要求された提出物に自我を入れる必要って、結果的にうまくいったケースも含めても、無いです(自我を入れてくださいと求められた場合は別ですが)。仕事としては、投げられたボールをきちんと打てばいい。

自分以外のまわりを見渡したときにも、案外仕事で「自我」を通し切ろうとして、結果的に苦しんでいるみたいなシチュエーションが結構あるなとも思いました。例としてデザイン領域で考えてみると、たとえば、「『自分が思う』いいデザインにしたい」という気持ちが強いときがある。変なものを作っちゃうと、そういうデザインする人だって思われるのもいやだし。そう思うことはとても自然なのですが、そういうモードに入った案件に限ってけっこうこじれたりします。だってクライアントは問題をただ単に解決したいだけであって、その作り手個人の問題は関係ないから。

そういうのを見ていたり、自分のうまくいかない感じを振り返ったりしていく中で、僕は自分のことは考えずに、その人が「ありがたい」と思ってもらえることを最優先にして制作する方向に舵を切ることにしました。

けっこうあるのは、そうやって求められることをただ応えていった結果が、本当にカッコ悪い仕上がりになったり、これは本当の解決じゃないんじゃないのかな?というようなケースです。それが明らかに予想できる場合、一応、僕は言います。「そうではなくて、こうしたほうが良いのではないでしょうか」と。

でもそれで、そうじゃない、頼んだ通りでお願いします、と言われたら、僕は全力で頼まれた通りやります。それが僕の思うところではなかったところであったとしても。以前は特にこの部分に苦痛を感じていましたが、いまは何も思いません。なぜなら、仕事の成果というのは相手の満足度、つまり困っていたな、とかここを改善したい、と思うところが解決された、というところがすべてだと思うからです。この「解決」というところにギャランティが発生している。別に自我のところでは発生していないのです。この部分が、以前と考え方が随分変わりました。極端に言うと、以前は「自分が正解を持っているから、自分が思うとおりでないと意味無い」とか思っていました。でも「正解」は相手が持っている。

自分的には全然いいデザインじゃないな〜と思いつつ「いいデザインだった、ありがとう」と言われるのと、自分が最高だと思うものをゴリ通して「まぁいいけど、なんか違う」と言われるのでは、前者のほうがよっぽど良い。もちろん一番の解決策は双方が満足することではありますが。なかなかそうならない、という案件は現実としてあります。どっちを取るのか。どちらが優先順位が高いのか。僕は相手の要求を満たすほうを選択しました。意外と「自分が思うとおりにならないと嫌だ」というクリエイターはいます。それはそれで素晴らしいことです。僕はそっちを選択しませんでした。というか、おそらくそれほど「自分ならではの制作物」に対するこだわりはなかったのかも、というのもあるのかもしれませんが。

つまりこれが「無欲」と評価されているのかなと解釈しています。それでも僕は別に、「言われたことはなんでもやってくれる人」でもないですし、どちらかというと、「嫌だな」と思ったら断っちゃう人です。でも「無欲な人」と言われたとき、それはなんだかすごく僕が選択してきたことを言われているな、と思います。

そして、僕個人の実感としましては、「無欲な人」であるとたいへんスムーズに仕事がまわります。単純なNGとか、良くわかんないどんでん返しの修正みたいなものの数が圧倒的に減り、効率的に仕事が回せるようになりました。

とはいえ、僕も未だに個々の案件の「(自分が思う)本当の解決」ということへの関心はあるのですが、でもまぁ、結局それは最終的には発注者がその問題に気づいたときにしか、そのオーダーも無い、というふうに思っています。なので僕はそういうことを急に言われたときに、その解決案を言える準備さえしておけばいいのかな、と思っています。

2017.12.26 日常日記

少し前ですが、家族全員が胃腸炎になりました。たぶんウイルス性で、でもたぶんノロではなかったんだと思います。便が白くなったので、たぶんロタウイルスなのかなと思いつつ。基本的にこういうので病院には行きません。さすがに子供は小さいので一応病院には行きましたが、もらった薬も全部吐いてしまいます。なので、水分をきちんととって、食べられる食事はなんでもとって、あとはよく休む。これで耐え凌ぎました。幸い、大人は一日でケロリと回復。子供は少し時間がかかりましたが最近普通の状態になりました。

とはいえ、ここ数年はインフルエンザも含めて、大きな病気にはかかりにくいです。一番大きいのは、これでもかと手洗いをしていることかなと思っています。もうひとつ大きいのは、基本的に自宅で働いているので、あんまり人と接することはないということ。睡眠と食事もきっちり取っているほうだと思います。なので、なにかの病気になったとしても、大きなダメージにはならないで、なんとかここまで来ています。

フリーランスになって二年目ぐらいで、旧友から仕事をいただく機会があったのですが、そのときに、けっこうきつめの食中毒になりました。焼肉屋でよく焼かないで肉を食べていたので、そういうのが原因かなと思っています。それで体調があまりにもひどい時に納期を迎えてしまいました。なんとか提出はしたのですが、クオリティはひどいもので。。友人もとても失望したことだろうと思います(はっきりとは言われませんでしたが)。それがとても悔しく、それ以降、なんとなく体調管理を心がけています。体調管理には手洗いみたいな物理的な要素もありますが、僕の中では、心の体調管理も含まれます。心の部分は調整が難しいので、今もなかなか厳しい部分がありますが。

今年は序盤は暇だったのですが、中盤からたいへん密度の濃い時間が長く続き、11月下旬ごろには心身ともに疲れ果ててしまいました。今月は少しゆっくりさせてもらっています。ゆっくりすると収入は減るのできついのですが、でもこのままでは持たないと判断しました。たぶん間違った判断ではなかったと思っています。フリーランス(今は会社ですが、ほぼ一人で働いているので、実態は同じです)の仕事の配分は、マラソンのようなもので、どこかで全力疾走したとしても、それを永遠に続けることはできないのです。素晴らしい何かを実現するために身を切り詰めていくスタイルもひとつの方法ですが、僕はそれを選択したくないという気持ちが強いし、現実問題としてそれはできないようです。