keisukeoosato.net

2017.12.1 日常日記

月に一度の「音飲み」。相変わらずあまり上達はしていないのですが、先日面白い課題を言われました。それは、「なんでもいいから一曲をちゃんと弾いて歌えるってのはできる?」というもので、そういえばそれはまったくできません。

Caetano Velosoで「London London」という曲があり、それがとても大好きで、歌詞もだいたい覚えてしまいました。それなら何回練習しても飽きないかなと思っています。

2017.11.30 日常日記

自宅で働いているので、夜はほぼ毎日、昼はそこそこの頻度で、食事を担当しています。子どもも離乳食は卒業したので、基本的には大人と同じ食事をします。もちろん生ものは駄目だとか、喉に詰まらせない大きさにカットするとか、塩分調整とか、色々気にしなくてはならないことはあるのですが。

その中で注力していることは、いかに楽に、そして短い時間で作るかということです。極端に言うと「米とかうどんさえ食っておけば死にはしないだろう」という姿勢で作っています。そうすると、ついでに味噌汁くらいはまあ作れるかな、という気持ちになれます。

最近は味噌汁も無意識で作る感じになれたので、主菜や副菜を考える余裕も生まれました。今はごはん系、汁物、主菜副菜をほぼ同時に調理して、だいたい15〜20分で仕上がります。それでも「米さえ食っておけばいい」という考え方は維持しています。なんか凄いものを作ろうとか、4品以上でバランス良く!とか考えると、途端に気が重くなるからです。結果的に色々できた、ということを大事にしています。今日は余裕がないな、と感じたらすぐに惣菜を買ったりレトルト食品に逃げます。

僕の場合は、料理を「仕事の小さなシミュレーション」と捉えています。料理は案外、仕事の段取りや進め方と似ている部分がある気がしているのです。目的地を定めないままフライパンを温めてアタフタしたり。イライラしているときに料理すると、何もかもうまくいかなかったり。きっちり準備をしてから丁寧に調理すると素晴らしい仕上がりになったり。料理から得られる刺激が面白く感じられる日々です。